Blog

天王町・保土ヶ谷の美容室ohanaのブログ

なんで髪の毛は痛むの?美容師が教える4つの理由

2016.08.20

横浜の貴公子ことミヤギです。

 
お客様がダントツで1番気になる

『髪の毛のダメージ』

 

 

なぜ髪の毛はダメージするのか。
その理由は大きく分けて4つのあります。

 

①ヘアカラー・パーマによるダメージ



 

カラーやパーマ、ストレートをされる方は

たくさんいらっしゃるかと思います。
薬剤を使用して施術していくのですが、

その薬剤による化学的なダメージを受けてしまいます。
アルカリ剤や還元剤などの成分により、

髪表面のキューティクルが剥がれ髪の中から

栄養や水分が抜けやすくなってしまうのが

主なダメージとなります。

 

 

➁紫外線によるダメージ


 

 

肌が紫外線を浴び続けると日焼けをするように

髪の毛も紫外線の影響により日焼けしてしまいます

 

紫外線により髪の毛がやけどを負った状態に

なってしまい、キューティクルが損傷、

剥がれやすくなります。
さらに、髪の毛の色を決めるメラニン色素にも

影響を与えるため、髪の毛の色が少しずつ

変色してしまいます。

 

 

➂熱によるダメージ


アイロンやコテなどを使い、

オシャレを楽しむ方が増えてきたこの頃。

毎日のオシャレがダメージの元にも…

 

アイロンなどの熱により、髪の毛が

タンパク変性を起こしてしまいます。

 

髪の毛はタンパク質で出来ているため

熱を当てることにより固くなってしまいます。

 

イメージ的には生卵をフライパンで焼くと

目玉焼きのように固くなることです。

 

 

➃シャンプー・ブラッシング・カットによるダメージ


 

 

シャンプーやブラッシングによる

主なダメージは物理的なダメージです。

 

過度なシャンプー、ブラッシングによりキューティクルが

剥がれてしまうことでダメージにつながります。

 

またカットした髪の毛の断面には

キューティクルがないため、

内部がむき出しの状態になります。

 

毛先がパサつきやすくなるのはそこから

髪の毛の栄養や水分が抜けやすくなってしまうためです。
この4つの理由が髪の毛がダメージしてしまう原因となります。

 

 

美容師がトリートメントをオススメする理由が、

抜けてしまった栄養や水分をいれ、剥がれてしまった

キューティクルを復活させることが綺麗な髪の毛を

つくっていく上で大事なことになってくるからです。

 

次回詳しくトリートメントについて

書かせていただきますのでお楽しみに!

天王町・保土ヶ谷の美容室ohana
Other Blog

良く読まれているブログ